アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2014年12月
     
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
自国で売れないなら他国で売る

パソコンを使う男性

ある製品をある国で売り尽くした場合、ビジネスチャンスが尽きたとは必ずしも言えません。
特定の国で需要を失っただけで、他の国でなら十分チャンスはあると言えるでしょう。
特に機械製品などはその可能性が大きいです。
機械というものは人間を補助する事が目的で作られています。
つまり地域によって機械の発達速度に差があるのです。
それにより日本では十年前の技術だとしても、他国では最先端技術として扱われる可能性があります。
もしくは部品や加工に使う料金が抑えられる場合でも、他国に製品を流す事でビジネスは展開出来る可能性が生まれることでしょう。
このように自国で求められなくなったサービスを、他国で再展開する事がよく見られます。その際に製品のマニュアルを翻訳する必要が有ります。
これはグローバル主義による恩恵と言えるでしょう。
しかしそのためには機器を他国の規格などに合わせる必要があります。
国ごとに企画を合わせるローカライズは、どんな商品であることも求められるでしょう。
それらを補完するマニュアルは費用をかけたとしても、しっかりと翻訳して伝えるべき事柄を伝えるということに徹することが必要です。

他国で売るために必要な作業

それらの調整作業は現地人を雇うのが現実的です。
社員を最初から教育するよりも安上がりですし、売り出す機器以外の製品を再展開する保証はありません。
現地人を雇う際に気をつける点は、企業カラーを傷つけないような仕事をさせる事です。
ビジネスに対して楽観的に構えた人も少なくありません。
これは国柄の話なので解決する事は難しいと言えるでしょう。
機器に関しての作業で大切なのは、マニュアルの翻訳作業です。
技術用語を交えた翻訳は通常よりも骨が折れます。
それをする人材はスペシャリストを用いるべきでしょう。
どの国でも製品のローカライズは行われています。
つまり翻訳業務を請け負っている人材はどこの国でも存在するという事です。
だから有能な人材を常日頃からチェックする事が大切です。
現代において商戦の国境はなくなりかけています。
こうした流れによって、翻訳を請け負う業者が増えました。
さらに、費用の低価格化も進んでいるので、現在のローカライズ展開は追い風に乗りやすいと言えます。

オススメリンク

キーボードを打つ手

一括見積りサービス

マニュアル翻訳サービスを提供している企業での現在の取り組みとしては、翻訳の費用見積もりに関しては無料で行えるといった事柄などが挙げられます。
また、費用に関して言えば、新規の場合にのみ割Read more

パソコンのキーボード

できるだけ情報を集める

マニュアルを翻訳する為に利用できるサービスは、正確な翻訳文を納品する企業として存在しており、サービスの提供を続けている企業からのサービスとなります。
見積もりなどを行う事もできるようになRead more

関連リンク